スポンサーリンク

2万円ほどで買える本格クローラーラジコンEVEREST10

スポンサーリンク

これいいわー
風のある日はドローンで遊べないのでラジコンカーを探していたのですが今回はどこでも気軽に遊べるクローラータイプのラジコンをチョイスしてみました。

SCX10とかCR-01、CC-01など本格クローラーを最初に探していたのですがそれなりにお値段がするので躊躇していたのですが海外通販も含めて探すと1/10スケールのロッククローラーで豊吉にも手が出せる値段のクローラーがあったんですね。

米国Amazonでもレビューの数がすごい!
というわけでこの「EVEREST10」を買って遊んでみました。

ラジコンには詳しくないのでとりあえず主観で記事にしています(実車でのクロカンは経験あり)

EVEREST10の主な仕様と特徴

  • 電動ブラシ付きモーター、四輪駆動、防水エレクトロニクス
  • アルミニウムキャップ付きオイル充填ショック、ビーズロックロッククロウリングタイヤ
  • フロント&リアマルチリンクサスペンション、フロント&リアトランスミッション
  • 7.2v 2000mAh NiMhバッテリー&充電器付属
  • 2チャンネル2.4GHz無線には4本の単三電池が必要(含まれていません)
  • 長さ – 460mm
  • 幅 – 260mm
  • 高さ – 160mm
  • ホイールベース – 320mm
  • グランドクリアランス – 90mm

とAmazonでは紹介されていました。
このEVEREST10は組み立て済で発送され届いてそのまま箱ごと持ちだしてすぐに遊ぶことが出来ます。
クローラーなのでバッテリーの持ちが2000mAhのバッテリーでおよそ1時間近く遊べます。

▼タイヤサイズ
2.2インチホイールに5インチタイヤ

▼最低地上高90mm

▼クローリング・ボート対応 リポバッテリーにも対応

▼安くても可動部はすべてピロボールが入ってます
ホーシングはプラスチック製。ゴールドのところはアルミ製なのかな そんな感じです
後ろのホーシングもステアリングサーボが取り付けられるようになっているので4WS化も簡単に行えそう

▼ギアボックス周辺
モーターは540ブラシモーター

▼ステアリングサーボ周辺

▼ドライブシャフトもアルミ製

▼ショックは120㎜

こまかなところはばらしてみないとよくわからないので今度ばらしてみます。
届いて一度しか走らせていないのですが第一印象は良く動く足が魅力的ですね。
クローリング好きなので速さなどは全く必要ではなくもっとゆっくり走ってくれるほうが良いのでギアチューンくらいはいじってみたいかなとは思いますがそのほかに物足りないものは全くないですね。

ノーマルのまま十分楽しめる機種です
サーボ、モーター当たりの消耗品や追加バッテリーくらいは準備してたらよいかもしれませんがしばらくはこのまま楽しんでみたいと思います。

EVEREST10を通販で買う

日本のAmazonでも買えますが保証なし

Redcat Racing 防水電子、2.4GHzのラジオコントロール(1/10スケール)、ブルーエベレスト-10エレクトリックロッククローラーの通販ならアマゾン。ホビー, ラジコン, 車・トラックの人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送!

日本アマゾンは諸費用があれなので米国Amazonプライムからのほうがかなり安く入ります。
本体価格は160ドルくらい。

Amazon.com: Redcat Racing Everest-10 Electric Rock Crawler with Waterproof Electronics, 2.4Ghz Radio Control (1/10 Scale), Red: Toys & Games

バッテリーも同時に買うことが出来ます 5000mAh

Buy Redcat Racing HX-5000MH-B Version 4.0 5000 Ni-MH Battery-7.2V with Banana Connector: Remote & App Controlled Vehicle Batteries - Amazon.com ✓ FREE DELIVERY ...

僕も米国Amazonから買いましたが送料ケチって一番安いやつにしましたが四国まで10日で到着しました。
バッテリーは5000mAhのがあることに気が付いていなくて3800mAhを買いましたが輸入税、送料を合わしても本体込みで25000円ほどで買えましたSCX-10の半額ですねw

4WSのRS10 XTも高評価ですね

Amazon.com: Redcat Racing Rockslide-RS10-XT-24 Crawler, Black/Blue: Toys & Games

EVEREST10でじっくり遊んで来ました

スポンサーリンク

シェアする