スポンサーリンク

ネイティブ4K/60fps対応 低予算アクションカメラ「 HawkEye Firefly X」

スポンサーリンク

ひさびさのアクションカメラの記事はやっぱりHawkEYE Fireflyとなりました

前作のFirefly 8SEから Xが出るよーと言われて長い間待ってたのですがなかなか出てきませんでしたがやっとこさ出てきましたね

今回のモデルチェンジでの大きな変更は
4K/60fpsに対応➡一万円前後の多くのアクションカメラは4kをうたっていてもFHDからのアップスケールでの対応。

USBTypeC対応➡こちらもうれしいアップグレード。

ほか、本体防水となっていますが正式な文面が見えないためどのくらいの防水性能があるかは現時点では不明。

Firefly Xの主なスペック

ブランド名:Hawkeye Firefly
モデル名:FIREFLY X

色:ブラック
サイズ:67.5×45.5×34.5mm / 2.66×1.79×1.36in
チップセット:H22S85
センサー:SONY IMX377(1200万)
最大TFカード:128G
スクリーン:2.35インチIPSタッチLCD
スクリーン解像度:963(RGB)× 480
バッテリー容量:1200MAH 3.85V
バッテリー寿命:1年
充電: USBタイプC
持続時間:1時間
充電時間:2.5時間
レンズ直径:18mm /0.71in
ビデオ形式:.MP4
ビデオ解像度:最大 4K(3840×2160)60fps
フレームレート:最大 4K(3840×2160)60fps
画像形式:.JPG
WiFi距離:10M
防水:はい
防水グレード:IP66
ビデオ安定化(手振れ補正):はい、GYROSCOPE4.0、6軸ジャイロスコープ
FPV:はい
外部マイク:はい
BT 3.0リモートコントロール:はい

スペック表には出ていませんがH265に対応しているようですね

まずはFireflyxレビュー動画を

レビューを見る限りではまだ買いではなさそうです
最初の林間でのこんにゃく現象や撮影中のフリーズ。このFirefly Xだけではなく多くのアクションカメラでも初期ロットは未完成のまま投入される事も多くFirefly Xに限ったことではないですが今は「マテ」のようです

Firefly8seがまだ安定してきれいな動画が撮れそうな感じですね

僕もFirefly8sに出会ってからまだ欲しいカメラが出てきていないので今でもFirefly8s がメインでサブにAKASO V50PROを使ってます。

Firefly Xの販売

スポンサーリンク

シェアする