スポンサーリンク

meifom 焚き火グリルをつかってみましたよ❕

スポンサーリンク

meifom 焚き火グリル

こんにちは

今回は正月明けに入手したmeifomの焚き火台の使用レビューをまとめます!

1月からの使用開始で10泊以上使って来たので まあ 自分では気に入ってるんでしょうね🙂毎回この焚き火台ばかりを使っています✌️

meifom 焚火台の仕様

meifom焚き火台の主な感想

はい10日以上使ってきましたが簡単に組み立て出来て思ったよりもメッシュの耐久性が良くてまだ交換せずですね!

焚火料理については火床が広いので、(ソロで使うには)火力の強いところ、弱いところを薪をいじって作りながら調理ができるのであつかいやすいですね

焚火台下でバンを焼いたりピザを焼いたりもできるので料理の幅が広がります

組み立て

袋から出しメッシュに足を2本付けるだけで簡単に火床は完了。最初は固いかな?メッシュ大丈夫かなと思ったけど その後は特に違和感無くすぐ組み立てできます

五徳受けを付けるのも同様です

縁は引っ張って破れるほどの弱さではありませんが真ん中は熱が加わった後は強い衝撃は避けたほうが良いと思います

良い点

直火をしているような使用感

広い火床で調理がしやすい(火力の強いとこ弱いとこの選びシロが広い)

五徳高さがちょうど良く感じる

メッシュ構造で燃え残りが少ない

パーツを選べば軽く小さく持ち運びしやすい

変えメッシュが安価に手に入る

焚火の見え方がキレイに見える

良くない点

やはり消耗品(メッシュ)がコスト的にも前準備どうかなと感じる

地面に近いので枯れ芝での運用は難しいです(焚火シートを使用しても焚火の大きさ(強さ)によって草を焦がす事も)

地面の保護しても熱はすごいので使用はおすすめしません(地面が露出してるようなとこでの使用をおすすめします)

風の影響は受けやすい

足、五徳受けの曲がりがだんだん出てくる。結果少し緩くなったので足が広がって来た。でも使用は出来てます

不安は?

メッシュの耐久性は?

メッシュの焚火台の1番の不安点はメッシュの耐久性でしょうか

14泊、平均6時間使用したとしてまだ破れはございません。(朝焚き火もやってる時もあるのでのでもう少し長いかも)

破れやすいとは思っているので丁寧に使用しているつもりですが、誤って薪で衝撃を加えることもたまにありましたが運が良かったのか全く破れる事無く使えてはいます。

写真のように太薪中心の運用で1本2kg程の薪ばかり使ってて、火床よりも少し長めなのが良いのか?

でも薪が半分に折れた状態でも長時間運用してはいますが…

これは使用環境にもよると思うので参考程度ですね🙂

予備のメッシュは持っておいた方が良いとは思います。

他の耐久性について

足の部分と五徳受け

こちらは両方とも同じように力がかかり熱も加わるのでメッシュが引っ張る方向にだんだんと曲ってきました

だからといってメッシュが張らないわけでも無いです。

足のガタツキが少し増える

五徳受けが丸く反っている

薪を載せた時の重さのせいかガタツキは感じられない

meifom 焚き火グリル 焚き火台 組立も撤収も簡単 ステンレス製 コンパクト収納 ケース付き アウトドアソロキャンプに適用がバーベキューコンロ・焚火台ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
スポンサーリンク

シェアする