スポンサーリンク

Xiaomi Mijia mini camera 4k が届いたのでちょっと使い方レビュー

スポンサーリンク

Mijia 4Kが届いたよー
まだ持ち出していないので本体機能のレビューのみですが

基本操作

カメラの電源を入れる

カメラの上部にあるのが電源ボタンです。(他にボタンがないですね)
2秒ほどの長押しですね
こちらで電源を入れたのちはすべて背面液晶で設定が出来ます。

カメラの電源を切る

電源ボタンを長押しでシャットダウンできます。

タッチパネルを上から下へスワイプして出てくるクイックメニューの右端をタップしても電源を切ることが出来ます。

動画を撮る

電源投入後にタッチパネルの左上にビデオマークが表示されている時に電源ボタンを押すと録画が開始されます。もう一度押すと録画終了となります。

動画を再生する 削除する

待機時に画面右から左へスワイプすると記録データーの一覧が出ます。
見たいサムネイルをクリックして再生ボタンを押すと動画が再生されます。

Mijia 4Kは本体再生でも音が出ます。右端で音量の調整が出来ます。

また、この画面で必要のないデーターの削除も出来ます。

動画のモード設定

Mijia 4Kでは通常の録画の他にタイムラプスやスローモーションなどのモードがあります。

これはタッチパネルを左から右へスワイプすると選択画面に入れますので撮りたいモードをタップした後に電源ボタンで録画開始してください。

モード内の詳細設定

録画モード内で解像度、歪み補正、手ぶれ補正などの細かい設定が出来ます。
右下のイコライザーマークを押すと詳細設定画面に入れますのでそちらから設定します。

各モードを選んだ後に詳細設定画面に入るとモードごとの設定が出来ますので例えばタイムラプスの詳細設定する場合は

1、左からスワイプしてモード選択画面を表示する
2、タイムラプスを選ぶ
3、右下のイコライザーマークをタップして詳細設定画面に入る

それから録画を開始でOKですね

初期設定

Mijiaの場合はまだレビューが少なくわからないことばかりの上に説明書も本体も中国語のみのバージョンで届いたのでちょこっと解りにくいことがあったのでまとめておきます。

Mijia 4Kは現在中国語版と国際版が表記されていますが最新ファームで中国版が英語に対応しています。(日本語は未対応)

今現在は届いてすぐの場合は中国語のみの表示しかできないものもあります。ファームウェアで対応済みなので英語表示で使用することは出来ます。

ファームウェアのアップデート

スマホアプリからの自動アップデートが簡単だと思いますがうまくいかない場合もあるようなので両方書いておきます。

ファームウェアの自動アップデート

スマホにアプリをダウンロード
付属されている説明書のQRコードを読み込み MI HOMEをスマホにインストールします。

アプリを起動した状態

Mi HOMEを起動後右上の+を押した後に表示される[Add device]をタップ
その後の[Add camera products]をタップ

+をタップした後の画面

表示されているカメラの中からMijia 4kのアイコンを選んで追加します。

追加するハードウェアの選択画面

アプリのホーム画面に表示されたMijia 4kの画像をクリックすると最新のファームウェアがあればダウンロードされます。(ここまではインターネットにつながる状態で操作しています。)

ここからはWIFIの接続先をMijia 4kになります。

カメラを起動して背面液晶を上から下にスワイプすると簡単メニューが出てきますのでその中からWIFIマークをタップしてカメラのWIFIを起動します

スマホのWIFIの接続先をMijia 4kにします

初期パスワードはカメラ本体に表示されています

スマホのアプリを起動後Mijiaのカメラ画像が出ているのでそこをタップするとスマホでカメラ操作が出来るようになります。
(最新のFWがダウンロードされた場合はスマホの接続先をカメラにしてアプリを起動したときに時にファームウェアがアップデートされます)

※自動的にアップデートされない場合は手動アップデートとなります(僕の時は自動で行われなかった(-_-;)
※アプリに接続時に時計は自動的にスマホと同期されました。

ファームウェアの手動アップデート

下のファームウェア情報のページから最新のファームウェアをダウンロード
1、ファイルの名前をfirmware.binに書き換えます(.binは拡張子なので非表示の人はfirmwareでOK)
2、SDカードのルート(最上部)に投げ込んでおきます(u3のmicroSDカード)
3、SDカードをMijia 4Kに差し込みカメラを起動
4、カメラの指示に従っていれば更新完了です。

ファームウェア情報

公式のページはまだ用意されていないようですが(ここが公式か?)こちらで紹介されています

11/06日 ベータ版更新 4Kで100Mbpsに対応
新しいベータファームウェアV0.6.12.01_beta

1.ビデオモードでカラーメニューを追加:鮮明で自然なF-LOGモード
2. 4K / 30fpsでコードレートを向上させる: 100Mbps、60Mbps、40Mbps
3.カメラ露出効果を最適化
4. Bluetooth接続を最適化

https://www.facebook.com/groups/XiaomiMijia/
Facebookのグループ内

Xiaomi Mijia mini cmera 4Kの中国語を英語に直す

ファームウェアのバージョンによっては中国語のみとなっていますので一度ファームウェアのチェックはしてみて下さい。国際版として売られているものでも出荷時は中国語のようです。

カメラを起動後に液晶を上から下にスワイプしてクイックメニューを開き左端の設定(歯車)をタップ

スクロールして一番下から3番目が言語設定のようです。日本語はないのでEnglishを選択してください。なんとなくわかるようになりましたね

中国語で全く意味が解らないので言語変更時を動画で撮ってみました →Youtube リンクからのみ見れます。

ここまでのまとめ

出荷時に中国語はやめて~ って感じですよね
いろいろ調べてから購入したので予定通りでしたが中国語は全く読めないので表示言語の選択画面がどれなのかもわかりませんしあるのかないのかもわからないでした

でもね、湾曲収差補正で歪み補正してくれる安価な機種が他に無いので買ってよかったなーと思います。

英語表示にしてしまえば他のアクションカメラと同じように使えるので最初だけ面倒だった感じですね。

今回は困っている方もいるかなと思って初期設定のみ記事にしました
詳細は引き続き使いながら書きますね

商品詳細にはなかった湾曲収差補正が超GOOD!!

長時間露光

ファームウェアのアップデートで長時間露光(8秒までだけど)に対応したので撮ってみた。日が落ちてまだ少しだけ明るさが残った時間帯に8秒に設定。三脚固定

今回Xiaomi Mijia 4Kを手に入れたのはTOMTOPさん
ほぼ一週間で到着しましたねw セール中


 Xiaomi Mijia 

TOMTOPさんは小物以外なら無料配送でも10日前後で届く事が多いです。

売り切れならギアベスト

Mijia 4Kの関連記事

中堅機種でオススメなのがこのXiaomi mijia 4k action camera 1080pで3時間の録…
Xiaomi Mijia mini cmera 4Kの特徴は湾曲収差補正   静止画の比較 &nbs…

スポンサーリンク

シェアする